天井のシミは雨漏りでしょうか?原因と対策を知りたいです。

東京都
S.K様

2階の部屋の天井に、シミがあります。
1周間前に気がついたのですが、原因がわからず、困っています。

もしかして、雨漏りでしょうか…?

早めに何か対策をしたほうがいいとは思っていますが、何をしていいのかわかりません。

何か自分でできる対策はありますか?
修理とかする場合、費用はどのくらいになりますか?

正しく原因をつきとめるのが最優先。早めの対策で二次被害を防ぎましょう

放っておくと、目に見えないところで被害が大きくなります

こんにちは!
みんなの雨漏り修理屋さんの、松坂です。

「気づいたら天井にシミが!どうしてだろう?」

「雨漏り? でも雨水が滴り落ちてくるわけじゃないし…とりあえず放っておいても大丈夫かな?」

私たちも、よくこのようなお問い合わせを受けています。

天井のシミには、いくつか原因があります。
原因を正しく見極めて、正しく対処しないと、被害が大きくなってしまうので注意が必要です。

また、天井のシミを放っておくと、二次被害のダメージが大きくなります。
例えば、屋根が腐ったり、白アリが大量発生して家をかじられたり。そうなると、修理費用が高くなってしまいます。

↑このような場合、梅雨の前に早く直さないと、家が傷んで被害が大きくなってしまいます!

天井にシミができた場合、どうすればいいのか?
この記事を読んでいただければ、正しい対策がわかります。

それではまいりましょう!

▶「いますぐ原因をつきとめて、対処してほしい」という方は、みんなの雨漏り修理屋さんにご相談ください。早ければその日のうちに、プロが無料で調査します!

雨漏りだけじゃない!天井にシミができる5つの原因

天井のシミの原因

1 雨漏り

雨漏り

雨漏りによるシミは、ジワッと水分が広がっている感じになります。

屋根のすぐ下の天井にシミができている場合は、雨漏りの可能性が高いです。
可能であれば、屋根裏をのぞいてみてください。シミを見つけたら、シミのもとをたどってみると雨漏り箇所が見つかるかもしれません。

木材は水にぬれると変色しやすい性質があります。木材の色が変わっている所があれば、その木材を濡らすことのできる場所から雨漏りしている可能性が高いです。

例えば、瓦やスレートなど屋根材がズレたり破れると、雨水が侵入してきます。屋根ではなく屋上の場合は、防水コートなどの塗装が剥がれたり、排水口が詰まったりして、雨漏りするケースが多いです。

ただし、雨漏りの原因はほんとうにたくさんあるので、経験豊富で技術力の高いプロでないと正しくつきとめられません。浸入箇所(雨水が入ってくる場所)や浸出箇所(雨水が漏れる場所)が複数あることも多いのです。

とはいえ、放っておくとダメージが大きくなっていきます。被害が大きくなるほど修理費用も高くなってしまうので、早めの修理が大事になります。

ちなみに、雨漏りの調査には、散水や発光液などいくつかの方法があります。これも素人には難しく、経験を積んだプロが行う調査方法です。

雨漏りに関してもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

2 ラミネート天井の接着剤・木材の灰汁(アク)

ラミネート天井板

雨漏りのシミと間違いやすいのが、ラミネート天井のシミです。

ラミネート天井とは、木目のプリントを貼った天井用の板のこと。化粧合板の一種です。コストが安くすむため、本物の木材(無垢のものなど)の代用品として、和室の天井によく使われています。

そのラミネート天井の接着剤が、時間が経つとジワジワと表面(プリント面)に浮かび上がってくることがあります。このシミは、直線状にしみ出すのが特徴です。

ちなみに、ふつうの木の天井板や、天井のクロス(壁紙)から、似たようなシミができることも。その場合は、天井板を固定している木材の湿気や灰汁(アク)が原因になっていることがあります。

※灰汁(アク)は、もともと木材含まれているタンニンやリグニン等の水溶性成分のこと。

3 ネズミなどの小動物(害獣)の糞尿

天井からガサゴソと物音や足音が聞こえたり、小動物が住み着いている気配はありませんか?

ネズミやコウモリなどの小動物(いわゆる害獣)が屋根裏に住み着いている場合、その小動物の糞尿で天井にシミができる場合も…。

人の家の屋根裏・天井裏って、敵もいないし、温かいし、小動物にとって快適で安全な場所なんです。なので子育てにもピッタリ。知らない間に、子どもを生んで繁殖していることも。

イタチ、ハクビシン、アライグマなどの可能性もあります。都会ではこれら害獣の被害が増えています。これらの害獣は同じ場所に糞尿をし続ける習性があるため、1日も早い対処が必須です!

4 屋根裏の結露

床の結露の水滴

屋根裏の断熱が十分でないと、結露が起こります。

特に、

・屋根裏に配水管が走っている
・屋根裏の換気が十分でない

このような場合は結露を起こしやすいので注意してください。

室内の湿気が天井に上がり、外の空気で冷えた屋根材にあたることで、水滴が生じます。

結露というと、窓ガラスに水滴がついているイメージがわくと思います。
でも屋根裏の場合、結露の水分で屋根裏が水浸しになるイメージです。

結露を防ぐには、強固な断熱材を使って、断熱をしっかりとする必要があります。
通気や換気の調整(必要であれば換気口を取り付けるなど)も大事です。

5 給水管・配水管など水回りの水漏れ

水漏れした配水管

給水管・配水管の詰まりや老朽化によって、つなぎ目などから水漏れしてシミができることもあります。私の経験上、築10年以上たつと劣化して水漏れするケースが多いです。

その他、地震や凍結などの自然・気候の影響によっても水漏れします。
配管を交換・修理したり、除菌や掃除も必要になります。

天井のシミを放っておくと起きる3つの被害

天井のシミによる被害は3つ

カビによるアレルギーやシックハウス症候群

カビによるアレルギー症状に悩む女性

カビは湿気が大好き。カビが発生すると、その家に住む人の健康に悪い影響を与えることがあります。

・アレルギー反応
・ぜんそく・呼吸器系疾患
・シックハウス症候群

カビ毒と呼ばれる有害物質が、人に悪影響をおよぼすのです。さらにカビ毒は、ダニのエサにもなるので、ダニを家に呼び寄せてしまいます。

シロアリが家を食べる

雨漏りは、シロアリ発生の原因にもなります。

シロアリは、湿った木材が大好物。雨漏りで湿った木材や室内を放っておくと、シロアリを呼び寄せてしまうのです。家に来たシロアリは、湿った木材、家の柱、壁などを食べます。

小さなシロアリですが、その破壊力はすさまじいものがあります。どのくらいかというと…場合によっては、家の柱をまるごと1本食べてしまうほど。家のあらゆる木材部分を食べるので、家が傷み、耐震性能も低下します。それはつまり、家の安全性や資産価値の低下を意味します。

最悪の場合、家の建て替えが必要になることもあります。

おそろしいシロアリの被害を防ぐには、できるだけ早く雨漏りを直すこと。これしかありません。

建物の傷み・資産価値低下

一軒家の資産価値の見積り書

雨漏りによる被害でいちばん大きなものは、やはり建物の傷み・家の資産価値の低下でしょう。

・雨水がしみこんで木材が腐る
・シロアリに家を食べられる
・カビが大量発生する

このような二次被害で、建物の内外が傷んだり劣化すると、価値が下ってしまうのです。

不動産業界では、「もっとも家の価値を下げるのは雨漏りだ」と言われてるほど。雨漏りへの対応や修理が遅れれば遅れるほど、どんどん値下がりしてしまいます。

雨漏りは1日も早い修理が大切。

私が何度もこのことを申し上げるのは、このような理由があってのことなのです。

天井のシミの原因を正しくつきとめて、正しい対策をする方法

一番早い解決は信頼できるプロの業者に頼むこと

結論から申し上げます。

天井のシミができた場合の原因究明と対策は、素人の方にはムリです。信頼できるプロの業者に頼みましょう。結局は、それがいちばん早い解決につながる=費用をおさえることにつながります。

正直にお話しますと、雨漏りの原因をつきとめるのは、じつはプロでもカンタンではありません。正しい原因を発見できない業者もいるくらいです。

というのも、雨水は家のあらゆる場所から入ってきます。
入ってきた雨水は、いろんな経路をたどって、家のさまざまな場所からしみ出します。

・瓦やスレートなどの屋根材が壊れている
・二次防水のアスファルトルーフィングが破れている
・コーキングが劣化している
・防水テープとサッシの接着部分にスキマがある
・谷樋に穴が空いている

例えばこれらは、あくまで雨漏りの原因の一部です。建物の築年数、タイプ、屋根の種類、使われている建材などによってほんとうにケースバイケースで変わります。

たとえ雨漏りの原因を1ヶ所見つけたとしても、他の箇所からも雨漏りしていれば、直りません。

浸入箇所も浸出箇所も複数ある。この事実が、雨漏り修理をとても難しいものにしているのです。しっかり修理するには、プロの業者に頼まないとムリなんですね。

それでは次に、とても大事な、良い業者の見分け方をお話します。

ここがポイント!良い雨漏り修理業者に頼んで、天井のシミを解決する

雨漏りや屋根の修理業者もピンキリです。
まずは、以下のポイントをおさえてください。

  • いろんな雨漏り修理の現場を経験してきて、ノウハウがたまっている
  • 技術力が高い
  • しっかりとした調査方法を持っている
  • 話をキチンと聞いてくれて、丁寧に対応してくれる
  • 屋根の張替えなどの大規模な修理を強引にすすめてこない

とくにだいじなポイントは5つ目です。

「大規模な修理ばかりすすめてくる」

このような業者は、「原因の特定がめんどうだから、あるいは難しいから、一気に大規模にやっちゃえばいい」と考えている可能性があります。
そしてもちろん、大きな修理の方が自分たちが儲かるので…。ただ、このような大規模な修理は安くても50万円以上、あるいは100万円以上になることも多いです。

業者を選ぶ際は、こちらの予算や希望もしっかりと聞いてくれて、柔軟にプランを提案してくれる業者を選びましょう。特定の範囲だけの修理ですと、10万円前後で終わる場合もあります。

ちなみに、突然訪問してきて「屋根が壊れてるようです」などと言ってくる業者は絶対にダメです。

「信頼できる業者に頼みたい!」「できるだけ費用は抑えたい…」という方は、お早めにみんなの雨漏り修理屋さんにご相談ください。
高い専門技術で、しっかり調査して原因をつきとめます。相談や見積りは無料です。

みんなの雨漏り修理屋さんは、葺き替えなどの大掛かりな修理だけではなく、原因が限られた範囲(スポット)の場合は、小規模な修理も行っています。

お客様のご予算や建物の状態に応じて、いちばん効果の高い方法や、リーズナブルな修理方法など、幅広く対応しております。

天井にシミができてお困りの方は、こちらからお問合わせ下さい。

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。