天井にシミがあります。雨漏りでしょうか?できる対策はありますか?

2階の部屋の天井に、シミがあります。 1周間前に気がついたのですが、原因がわからず、困っています。

もしかして、雨漏りしているのでしょうか…?

早めに何か対策をしたほうがいいとは思っていますが、何をしていいのかわかりません。

何か自分でできる対策はありますか?
修理とかする場合、費用はどのくらいになりますか?

原因を見極めて、家が傷む前に早めの対策を!

天井のシミ

こんにちは!
みんなの雨漏り修理屋さんの、松坂です。

「気づいたら天井にシミが!どうしてだろう?」

「まさか雨漏り? でも雨水が滴り落ちてくるわけじゃないし…とりあえず放っておいても大丈夫かな?」

私たちもよくこのようなお問い合わせを受けます。

この記事で、そんな「天井のシミ」の謎や原因を解いていきます。

天井のシミには、いくつか原因があります。
原因を正しく見極めて、正しく対処しないと、被害が大きくなってしまうので注意が必要です。

また、これから詳しくご説明しますが、天井のシミを放っておくと・・・屋根が腐ってしまったり、白アリが寄ってきたり。大変なことになってしまう可能性もあるんです。

そうなる前に!
ぜひ早めに原因をつきとめ、対応していただきたい!と思い、この記事を書きました。

それではまいりましょう!

天井にシミができる、5つの原因

1 屋根から雨漏り

屋根のすぐ下の天井にシミができている場合は、雨漏りの可能性が高いです。
可能であれば、屋根裏をのぞいてみてください。
そして、染みをたどってみましょう。

木材は水にぬれると変色しやすい性質があります。
木材の色が変わっている所があれば、その場所から雨漏りしているという事なので、分かりやすいですよね。

瓦やスレートなど屋根材がズレていたり、破れていると、雨水が侵入してきます。

屋根ではなく屋上の場合は、防水コートなどの塗装が剥がれたり、排水口が詰まったりして、雨漏りするケースが多いです。

放っておくと、屋根のダメージが大きくなってしまいます。
すると、修理費用も高くなってしまうので、早めに雨漏り修理をすることをオススメします。
ちなみに、雨漏りかどうか確認するには、散水や発光液などによる調査方法があります。これは素人には難しく、経験を積んだプロが行う調査方法です。

屋根からの雨漏りに関しては、詳しく説明したページがあります。
実質0円で修理できてしまうこともあるんですよ。詳しくはこちらをご覧ください。

2 屋根裏の結露

床の結露の水滴

屋根裏の断熱が十分に行われていないと、結露が起こります。

特に、屋根裏に配水管が走っている場合は結露を起こしやすいので、断熱には注意が必要です。

また、屋根裏の換気が十分でないときも、結露を起こすことがあります。

結露というと、窓ガラスに水滴がついているイメージがわくと思います。
でも屋根裏の場合、結露で屋根裏が水浸しになることもあるんです。

結露を防ぐには、強固な断熱材を使って、断熱をしっかりとする必要があります。
通気や換気の調整も大事になってきます。

3 外壁から雨漏り

天井よりも上にある外壁にヒビなどの不具合があると、天井にシミができることがあります。

外壁のヒビ割れやコーキングがはがれた場所から雨水が侵入して、雨漏りを起こします。

普通の雨の日はなんともなくても、台風や強い雨の日だけ雨漏りするケースもあります。

外壁の裏にある断熱材は、水に濡れると断熱材の効力がなくなり、そこからカビが発生します。そのため外壁が原因の場合は、濡れてしまった断熱材を新しいものに換える必要がでてきます。

4 配水管からの水もれ

給水管や配水管の下にシミができることもあります。

給水管・配水管の詰まりや老朽化によって、つなぎ目から水漏れするケースが多いです。

その他、地震や凍結などの自然・気候の影響によって水漏れします。

5 ネズミなどの小動物(害獣)の糞尿

天井から物音が聞こえたり、小動物が住み着いている気配はありませんか?

ネズミやコウモリなどの小動物(いわゆる害獣)が屋根裏に住み着いている場合、その小動物の糞尿で天井にシミができる場合も…。

イタチ、ハクビシン、アライグマなどの可能性もあります。

天井のシミの対策と、気になる修理費用

屋根裏の修理の道具と様子

いずれの原因にしても、天井のシミを見つけたら、早めに専門の業者に相談することをオススメします。

原因を特定して、対策を自分でするのは、正直とても難しいです。
間違った方法で対策してしまうと、症状が悪化することも。

実際、私も「自分でやって失敗した…症状が悪化してしまった…」というお客様からのご相談を多くいただきます。

天井のシミは、軽く考えてはいけません…放っておくと大変です!

実際に雨漏りしたり、木材の構造部分が腐ってしまうこともあります。

ひどい場合は、家にシロアリが住みついてしまいます。
シロアリは湿気が大好きなので、雨漏りして湿気が多くなった家や屋根裏などは、最高の住み家になってしまうのです。
シロアリは家の柱や壁などをかじるので、しらないうちに家が傷んでぼろぼろになり、強度や耐震性、資産価値が落ちてしまうことに…!

そうなると、修理費用も高額になってしまいます。
大幅にリフォームが必要になるケースも、少なくありません。

雨漏り修理の料金は、屋根の状態にもよります。

もし、特定の範囲だけの修理ですと、10万円前後で終わる場合もあります。
ただし、例えば屋根が全体的に、広範囲で壊れている場合などは、葺き替えなどが必要になり、数十万〜100万円を超える場合もあります。

まとめ

天井の染みは、放っておくと大きな被害につながり、修理に大きな費用がかかってしまいます。

とはいえ、自分でできる対策には限界がありますよね。

本気で対策して、被害を最小限に抑えるには、プロの専門業者に依頼するのがおすすめです。

みんなの雨漏り修理屋さんは、天井のシミなどの調査も、無料でしています。

また、葺き替えなどの大掛かりな修理だけではなく、原因が限られた範囲(スポット)の場合は、小規模な修理も行っています。

お客様のご予算や建物の状態に応じて、いちばん効果の高い方法や、リーズナブルな修理方法など、幅広く対応しております。

天井にシミができてお困りの方は、こちらからお問合わせ下さい。
相談や見積りは無料です。

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。