天窓から雨漏りしています。再発しない修理方法はありますか?

神奈川県
H.O様

天窓から雨漏りしています。

雨が強い日は、雨水が部屋に垂れてきます…。

雨漏りした原因や、修理の費用について知りたいです。

また、修理した後に再発しないよう、できることはありますか?

技術力の高い雨漏り修理業者に頼んで、メンテナンスも忘れずに

症状で見分けて正しい修理をしましょう

こんにちは! みんなの雨漏り修理屋さんの、松坂です。

「天窓から雨漏りしてる…原因は? 修理はどうすればいいの?」
「修理費用、いくらかかるんだろう?」
「ドコに頼むのが正解なんだろう。リフォーム会社? 屋根修理屋?」

こんな風に天窓の雨漏りや修理でお悩みの方…ご安心ください。

この記事では、みんなの雨漏り修理屋さんの松坂が、ベストな解決方法をお話します。天窓の雨漏り修理をたくさんしてきた経験を生かして、大事なポイントをおさえてお伝えしていきますね。

結論からお伝えすると、

築10年未満なら、無料で直せる( 瑕疵担保責任制度を使う)。

築10年以上で部分修理なら3万円〜、天窓の取替や屋根の葺き替えなどは25万円〜100万以上。

修理するのは部分か全体か? これに関しては、優良業者に判断してもらいましょう。
なのでこの記事では、優良業者の見分け方もお話します。

天窓の雨漏りは、パターンやメカニズムを知って対策・修理をすることが大切。

天窓の雨漏り修理を成功させたい方は、ぜひお読みください。

「まさにいま、雨漏りしちゃってる!」という方も、ぜひご覧くださいね。

▶「いますぐ天窓の雨漏りを修理したい」という方は、いちどみんなの雨漏り修理屋さんにご相談ください。
できるだけ費用をおさえた修理をご提案させていただきます。

防水の工夫がされている天窓が、雨漏りするワケ

むき出しの天窓

天窓は、自然光や風を室内に取り入れて、とても気持ちのよい空間を作りだしてくれます。

憧れの生活を演出してくれる、素敵な窓ですよね。

しかし…

天窓は、屋根に穴を開けて設置するモノです。
屋根の瓦や板よりも高く突き出るので、日光や雨風など気候の影響も強く受けます。

ガラスと枠の間、枠と屋根の間などから、雨水が侵入してくるのです。
つまり、天窓は雨漏りする可能性のたかい窓。

もちろん、メーカーの高い技術がそそぎこまれ、最近は進化していますが、やはり雨漏りしやすい窓であることに変わりはありません。

天窓の周りには、防水テープが貼られています。
水がたまらないように、「水切り」という金属の板も周りに取り付けられています。

その他、波打つ形状の瓦屋根の場合、鉛の防水シートが敷かれたりもします。

これだけ防水や雨水の侵入を防ぐ工夫をこらしても、屋外で毎日、太陽光、雨、風、雪、気温の変化などの影響もあり、どうしても劣化して傷んでしまうんです。

家を建てる時やリフォーム時の施工不良の場合もあります。

天窓から雨漏りする原因

天窓から雨漏りする原因は4つあります。

ゴムパッキンの劣化

窓枠とガラスの間にはさまれているゴムパッキン。
10年ほどで劣化します。

劣化や傷みが大きくなると、窓枠とガラスの間に雨水が侵入します。
すると、室内に雨水がポタリポタリと落ちてきます。

最近の天窓は、ゴムパッキンが内側にあります。しかし、昔の天窓には、ゴムパッキンが外に露出しているものもあります。
長い時間太陽や雨風にさらされていると、ゴムは劣化していきます。ゴムなのにプラスチックのように固くなっていって、ヒビ割れやスキマができてくるんです。

ゴミや落ち葉などの詰まり

落ち葉、風で飛んできたゴミ、または鳥の巣が作られたりしても雨漏りします。
水切りの上にゴミなどが溜まると、水が流れずにたまります。
天窓は屋根=下地に穴を開けて設置しますが、その下地は「下葺き」という防水シートで覆われています。

たまった雨水が下葺きを通り抜けてしまうと、雨漏りします。

こうなると、野地板などの下地も傷むので、天窓以外の場所も修理する必要が出てきて、リフォームレベルの大規模な修理になることもあります。

防水シートの劣化

屋根材のスキマなどから雨水が浸入しないように、天窓の周りにも防水シートが使われています。

防水シートの寿命は、10年が目安。20年近くになると経年劣化で穴が空いたり、裂け目ができたりします。

施工時の不具合

天窓取付時の施工不良の場合もあります。

水切り板や、防水シートの設置の仕方が悪かったり、組み込み方が悪かったり…。

これはどうしようもありませんね。

ちなみに、新築よりも、リフォーム時の取付による不具合の方が多い<.です。
リフォームではどうしても、天窓を取り付ける箇所の部分的な施行・修理になります。

新しい部分と古い部分を、雨漏りしないように上手くつなげる。
それには経験と技術が必要です。

そのため、雨の返し方や防水について慣れていない人が施工すると、不具合が起きやすくなってしまうのです。

うちの天窓の雨漏りの原因は?見分け方はコレ

天窓の雨漏りの原因が何なのか?見分ける方法は簡単です。

  1. 雨が降ると、天窓のガラス付近から雨水が落ちてくる。
  2. 周りの壁/木材/天井にシミができている

1の場合、原因はゴムパッキンの劣化です。

早めに気づきやすく、被害が広がる前に修理することができます。

2の場合、原因はゴミなど異物の詰まりか、防水シートや水切りの劣化です。
これだと家の壁や骨組み、材質部分にも浸透しているので、天窓の被害だけではなくなります。

【注意点】
たまに、結露のしずくが下に落ちて、雨漏りと勘違いしてしまうケースがあります。

結露対策と天窓の修理では、やるべき対策が変わってきます。
プロの優良業者であれば、調査でわかります。

天窓の修理方法

天窓の防水シートの修理の様子

天窓の修理は、早めの対策が大切です。

最悪の場合、天窓の交換をしないといけませんが、早めの対策で修理で済むこともあります。

コーキング剤で窓枠を補修

コーキング材を塗る部分の周りを、マスキングテープで囲みます。
コーキング剤が、他の部分につかないようにするためです。

次に、プライマーという下塗り塗料を塗ります。
これは、コーキング剤の接着を良くする塗料です。

そして、ゴムパッキンを穴や剥がれ、劣化部分をスキマなく塗り固めていきます。

もし、このコーキングで直らない場合、防水シートや屋根の瓦や板の不具合の可能性が高いです。

天窓周りの掃除

瓦屋根など、空間ができやすい屋根材の場合、ゴミが溜まりやすいです。
また、鳥の巣も作られやすいです。

天窓の周りの瓦を外して、溜まっている・詰まっているゴミを取り除きます。

天窓の枠の周り全体にゴミが詰まっていたり、被害が大きいと瓦の撤去・交換などが必要になり、費用も10万円以上になることも。

天窓の撤去

天窓のあった部分をふさいで、下地なども含め屋根の大きめの工事を行います。
屋根材の撤去作業も必要になります。

防水シートの交換

穴があいたり破れている場合など、防水シートを新しいものに交換します。

屋根の葺き替え

「以前修理したのに、直らない」「再発した」こんな場合は、屋根の葺き替えも選択肢のひとつとして考えてみましょう。
屋根全体をまるっと交換するので、極端に言うと「雨漏りしてる場所がどこであっても直る」ことになります(もちろん雨漏り箇所が外壁だった場合など、100%ではありませんが)。

天窓の交換

古い天窓を取り除き、新しい天窓に合わせて、屋根に穴をあけます。
新しい天窓を取り付けて、防水シートなど防水の施工をし、瓦や屋根材を整えます。

築年数によって違う? 再発した場合は? ケース別の対策ガイド

築10年未満の場合

家を建てて10年未満の場合、住宅瑕疵担保責任が適用されます。
この制度は、その住宅を販売・建築した業者=売主が、修理の責任を負います。

つまり、住宅メーカーなどが雨漏り修理をするので、あなたの負担はゼロ、無料ですみます。

もし売主が倒産していたとしても、保証金で修理費用が支払われます。

参考:住宅瑕疵担保履行法とは|住宅瑕疵担保責任保険協会

築年数10年未満で雨漏りしたら、まずは購入した業者(住宅メーカーや不動産会社など)に連絡しましょう。

修理したのに、雨漏りが止まらない

「天窓の雨漏り修理、業者に直してもらったのに、また雨漏りした」

じつはこれ、意外と多いんです。

この場合

  • 別の業者に依頼する
  • 天窓を取り替える
  • 屋根の葺き替えをする

などの選択肢があります。

天窓だけを取り替えても、そもそも下地や防水シートが傷んでいれば、また雨漏りすることになります。

天窓の取り替え(リフォーム)と、屋根の葺き替え、どちらがいいのか悩む方もいらっしゃると思います。2つの違いについて、かんたんにお話します。

結論からお伝えしますと、天窓の取り替えの方が安いですが、再発のリスクがあります。

天窓の取り替えは、既存の屋根に新しい天窓を取付けます。なので、古い屋根材と新しい天窓の接続が、けっこう難しいのです。例えば、雨水の流れをスムーズにする「水切り板金」の施行など、高い技術力が必要とされます。

一方、屋根の葺き替えは、古い屋根材もいまの天窓もすべて撤去します。「全部とっかえる」ので、天窓だけの取替よりもスムーズな施行ができます。なので、雨漏り再発のリスクも低くなります。

台風などの後に雨漏りが始まった

もし、台風、暴風雨、強風、突風、大雪などの後に天窓から雨漏りしたら、火災保険が適応される可能性があります。

もし適応されれば、負担0円で修理ができます。

自分では判断できない…という場合は、みんなの雨漏り修理屋さんでもご相談を受付けております。

こちらからお気軽にご相談下さい。

自身でできる天窓のメンテナンス

天窓を水で掃除している人

天窓の寿命は20年が目安です。

10年を過ぎると経年劣化がすすみ、雨漏りしやすくなっていくと考えてください。

ただし、自分でお手入れやメンテナンスをすることで、長持ちさせることもできます。

とはいえ、普通の窓とは違うので、「どんな道具を使って、どんな風に掃除すればいいのか、わからない」という人も多いと思います。

ここでは、天窓のメンテナンスや修理も得意とする松坂が、天窓のメンテナンスについてお話します。

※ただし、高所での作業になる場合などは、安全のためにプロの業者に依頼しましょう!

窓ガラスのお手入れ

柔らかい布、研磨剤を含まないスポンジ、スクイージー(ゴム製のワイパー)などを使って、水拭きします。

少量の液体洗剤や、研磨剤を含まない液体クリーナーなどは使っても大丈夫です。

【注意ポイント】
ガラスと窓枠の接続面の防水シリコンには、触らないように気をつけましょう。傷つける劣化が進み、雨漏りにつながります。

また、泥やホコリ等が付いている場合も、強くこすってはいけません。濡れたタオルで、できるだけ丁寧に、ゴシゴシやらずに拭き取りましょう。

窓枠の周りのカビやシミをチェック

天窓は、常に外の気候の影響をうけています。

梅雨の時期は湿気や雨があり、冬は寒暖差で結露を起こすことも多いです。

次第にカビやシミが発生して、建物の壁や骨格、材質などの内部にも被害が及ぶケースは少なくありません。

この予防は、定期的なシミのチェックです。

天窓の周り、壁紙、木材などに、カビやシミが発生していないか、定期的にチェックしましょう。

窓ガラスのヒビ割れをチェック

外に出っ張っている天窓は、強い風にのって飛んでくるモノにぶつかったりして、ガラスがひび割れることがあります。

窓ガラスのヒビ割れは、窓ガラスメーカーの保証が使えることもあるので、窓メーカーへ問い合わせてみましょう。

開閉式天窓は動作チェックを

手動でも電動でも、開閉式の天窓は、しっかり開け閉めできるか定期的にチェックしましょう。

ゴムパッキンが枠にくっついたり、接続部の不良などで、開閉が上手くいかないことがあります。

悪化すると天窓の交換が必要になりますので、1ヶ月に1度の点検をおすすめします。

天窓の雨漏りが再発しないためのポイント

まず、修理よりも、屋根の葺き替えと新しい天窓への交換のほうが、再発のリスクは格段に下がります。

修理する場合、防水シートや下地、天窓と屋根の接続部分や板金などすべてに注意して、雨漏りを完全に止める施工が必要になります。

いずれにせよ、高い技術力がなければ、再発の危険は高くなります。

「雨漏りを直す」という点では、雨塗装業者や屋根屋さんよりも、雨漏り修理業者のほうが確実な修理をしてくれます。

みんなの雨漏り修理屋さんでは、天窓の雨漏りも、再発しないように直す技術力があります。無料で相談や調査までしていますので、天窓の雨漏りでお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。