雨漏り修理専門家が語る 雨漏り修理に火災保険が適応される条件と申請のコツ

自然災害による被害なら使えます

こんにちは!
みんなの雨漏り修理屋さんの、松坂です。

この記事では、雨漏りの修理に保険は使えるのか? という点についてお話します。

  • 雨漏りに保険を使えるの?
  • 使える条件は?
  • 保険金はいくらもらえるの?
  • 使えるとして、どうやって申請や手続きするの?

先に、結論をお伝えしますね。

  • 台風や暴風雨で屋根材がこわれたりすると、使える可能性がある
  • 経年劣化や、人的な被害だと使えない

風や雪、地震など、あきらかに自然の影響で壊れた場合は、火災保険の「風災」が適応されます。

火災保険が適応されるの場合は、火災ではなく、風・雪・雹(ひょう)による被害が対象となるんです。ちょっと意外な気がしますよね。

逆に、時間の経過とともに劣化している場合や、「太陽光パネルを設置するときに壊してしまった」など人的な影響の場合は、使えません。

火災保険や雨漏りについて知らないと、損をしてしまうケースもあります。

ただし、火災保険を悪用する業者もいるので、気をつけないといけません。
この記事ではそのあたりの注意点についてもお伝えしています。

それでは、雨漏りした場合の火災保険について、みていきましょう!

※「すぐにでも、信頼できる業者にアドバイスしてほしい」そんな方は、みんなの雨漏り修理屋さんにご相談ください。

▶みんなの雨漏り修理屋さんに相談する

補償内容に「風災、雹(ひょう)災、雪災」が入っているか確認しよう

適応される時とされないとき

まず最初に、あなたが加入している火災保険の内容を確認してみましょう!
(補償内容は、加入している保険会社のホームページからも確認できます。)

補償内容に「風災、雹(ひょう)災、雪災」が入っていれば、あなたの雨漏り修理を保険で直せる可能性があります。

具体的にどんな場合に火災保険が適用されるのか、見ていきましょう。

雨漏り修理で、火災保険が適用されるケース

  • 台風や春一番などの強い風によって、瓦がズレる、スレートが浮く、雨樋が外れた。
  • 雹(ひょう)が降って、天窓に穴があいた。
  • 強い風雨で瓦屋根の漆喰が崩れた。
  • 地震で外壁にヒビが入った。
  • 雪の重みで雨樋が壊れた。
  • 竜巻で飛んできた自転車が屋根に当たって破損した。

このような「自然災害によってうけた被害」の場合は、保険金が支払われる可能性が高いです。

※ただ、これはあくまで一例です。同じような事例でも、状況や調査によって保険の適応が認められないことも十分あります。

雨漏り修理で、火災保険が適用されないケース

  • 経年劣化
  • 人的被害。例えば、太陽光パネルの設置など、作業場の過失による損傷
  • 施工不良
  • リフォームや増築の影響
  • 修理費用が20万円以下
  • 被害を受けた時点から3年以上が経過している

このように、経年劣化や人工的な被害の場合は、保険が適応されない可能性が高くなります。

とは言うものの…台風や地震があった後、屋根をチェックできないこともありますよね。

例えば、

「強い台風の後、屋根が何らかのダメージを受けた。それに気づかずに放置していた。その後、しばらくして雨漏りがしてきた」

このような場合、直接の原因が何なのか?よくわからなくなってしまいます。
ひとつ言えるのは、「経年劣化によるもの」と決めつけない方がよい、ということです。

そんなこと言っても、やっぱり自分では判断できない!
そんな方は、一度プロの雨漏り修理屋さんに相談してみることをオススメします。

▶みんなの雨漏り修理屋さんに相談する

「火災保険を使わずに、すでに修理を行ってしまった」という場合でも、被害にあった日から3年以内に申請して認定されれば、保険が適応されることがあります。

火災保険が適用される「風災・雪災・雹災」って、どんなもの?

火災保険が適用されるケースで、いちばん多い原因は、風災・雪災・雹災です。
あなたのお家も、風、雪、雹などが原因で雨漏りが発生している可能性があるということ。

これから具体的に、風災・雪災・雹災とはどんなものなのか説明していきます。

もしかしたら・・・と少しでも心当たりのある方は、保険の申請をしてみることも考えてみましょう。

風災とは?

強風に見舞われる戸建て

風災は「強い風によって屋根がダメージを受ける」ことです。
強い風とは、具体的には最大瞬間風速20m/秒以上の風のこと。天気予報を見ていると、台風や春一番など、最大瞬間風速20m/秒を超えることって、少なくないですよね。
つまりそれだけ、風で屋根がダメージを受ける確率は高い、ということです。

実際の風災の例を紹介します
  • 瓦がずれる。
  • 雨樋や屋根が変形したり破損する。
  • 強風によって飛ばされてきた物が屋根に当たり、屋根が破損する。

雪災とは?

屋根の上の大量の雪

雪災は「大雪や雪崩などによって建物や家財などが被害を受ける」ことです。

実際の雪災の例を紹介します
  • 屋根に積もった雪の重みで屋根や雨樋などがダメージを受ける。
  • 積雪が落下した衝撃で、建物や家財などが破損した。
  • 雪解け水で水浸しになり、建物や家財がダメージを受ける。

雹災とは?

雹に見舞われる戸建て

雹(ひょう)によって建物や家財などが被害を受けることです。

実際の雹災の例を紹介します
  • 大粒の雹が、屋根、天窓などに当たって破損した。

「3年以内」と「20万円」に注意!間違えやすいポイント

火災保険申請時の注意点

火災保険について、よくある間違いや、注意ポイントをまとめました。

被害を受けてから3年以内に申請する

火災保険の申請期限は、一般的には3年に設定されていることが多いです。

ただ、違う期間の保険会社もありますので、加入されている保険を確認してください。

「すぐに申請しないとダメかな?」と思う方が多いのですが、被害から3年以内に申請すれば大丈夫です。

残念なことなのですが、「雨漏りしたら、すぐに火災保険の申請をしましょう!」とあおってくる悪徳業者がいます。雨漏りで焦っていて不安な気持ちにつけこんで、急かしてくるのです。トラブルになることが多いので、話を聞いたり契約してはいけません。

修理費用20万円以上が対象?保険のタイプもチェック

修理額によって、保険料が受け取れない場合があります。

ここでは受け取れる保険料を決める、保険のタイプについてお話します。

免責方式:自分で負担額を決めておく

免責方式は、加入者が自分で負担する金額(自己負担額)を、あらかじめ決めておく方式です。

例えば、自己負担額が7万円に設定されている場合は、以下のようになります。
※損害額=修理費用です。

【保険金を受け取れる!】
自己負担:7万円 ー 損害額:30万円 = 受け取れる保険料:23万円

【保険金を受け取れない!】
自己負担:7万円 ー 損害額:5万円 = 受け取れる保険料:0円

つまり、自己負担額よりも損害額(修理費用)が小さい場合は、自分で負担することになります。

逆に、自己負担額よりも損害額の方が大きければ、「損害額ー自己負担額」の金額を保険料として受け取れます。

損害額20万以上型:少ない修理費用だと受け取れない

「損害額20万以上型」と呼ばれる保険タイプの場合、損害額が20万円以上になった場合のみ、保険料を上限額まで受け取れます。

【保険金を受け取れる!】
損害額:28万円 = 受け取れる保険料:28万円
※上限額が28万円以上の場合

【保険金を受け取れない!】
損害額:19万円 = 受け取れる保険料:0円

損害額が20万円未満だと、保険料を受け取れず、自己負担になってしまいます。

保険会社によって、選べる保険のタイプは違います。あなたが加入している保険のタイプがどちらなのか、確認しておきましょう。

火災保険と火災共済の違い

火災保険に似たものに、火災共済があります。ですがこの2つは別物ですので、勘違いしないように気をつけましょう。

火災保険 火災共済
運営主体 民間企業(保険会社) 非営利団体
目的 企業の利益 組合員の福利厚生
補償の範囲 火災・風災・雹災・雪災・水災・落雷・落下・飛来・衝突・破裂・爆発・盗取・損傷・汚損、その他 火災・風水害(自然災害)
特約 多い 少ない
支払い限度額 大きい 小さい

火災共済は非営利団体が運営しています。「加入者同士でお金を出し合って、もし損害が出たら支え合いましょう」という制度です。そのため補償の範囲も、かなりざっくりしています。

一方、火災保険は補償の範囲も広く、カスタマイズもできます。例えば、雪がほとんど降らない地域に住んでいる人は雪災補償を外す、などによって保険料をおさえることも可能です。

注意!火災保険で気をつけたいトラブル

雨漏り修理の火災保険に関しては、悪徳業者に気をつけないといけません。

例えば、こんなトラブルが起きています。

  1. 代理で申請すると言われたが、修理後に申請していなかったことが発覚
  2. 「申請は必ず通ります」と言われたが、通らずに自己負担になった
  3. 火災保険が降りると言われて前払いしたが、工事をしてもらえない
  4. 「追加の工事」が発生して、保険料とは別に費用を請求された
  5. 保険がおりないので解約を求めたら、解約料を請求された

私も、悪徳業者にだまされてしまったお客様にお会いすることがあります。

実際にお客様からお聞きした被害を3つほど、実例として紹介いたします。
ぜひ皆様も、同じ目にあわないように、十分に注意なさってください…!

東京都 A.Kさん
40代男性

約束と違うのに、多額の解約料を請求されて…

ネットで見つけた屋根修理業者に、「あなたの場合なら必ず火災保険がおります」と言われました。保険料を受け取る前でしたが、最初に契約が必要とのことで、契約をしました。

でも、保険会社への申請は却下されてしまったので、契約の解除を申し出たんです。そしたら、「解約料として、申請金額(32万でした)の半額が必要です」と…。契約書にも小さく明記されていたので、仕方なく払わざるをえませんでした…

埼玉県 S.Oさん
50代男性

追加の工事が必要だと言われ、保険金を上回る費用を請求されました

火災保険が通り、「無料で雨漏りできるな」と一安心していました。

ですが、実際に工事をしていると、新たな不具合が次々に発見されて、追加工事が必要だと言われました。

結局、保険金を上回る金額を業者に請求されてしまいました。

このようなトラブルを避けるために、気をつけるべきポイントをまとめてみました。
もし参考になれば幸いです…!

悪徳業者にだまされないための注意ポイント

  • 「絶対に通るので安心してください」など、当然申請が通るという前提で話してくる業者はNG。火災保険の審査に絶対はありません。
  • 調査や見積りの後に追加請求してくるのは悪徳業者です。最初の調査や見積りのときに、納得の行くまで、しっかりと誠実に説明してくれる業者を選びましょう。

火災保険を使う前提だったり、やたらと火災保険を強くアピールしてくる業者は要注意です。

良い雨漏り修理業者を選ぶポイント

  • 雨漏り修理の難しさをわかっている
  • 雨漏りの調査と原因特定がしっかりできる
  • 適切に修理できる技術力がある
  • アフターケアや保証がある
  • 火災保険を適応した修理を含め、雨漏り修理の経験が豊富

とくに、水をまいて雨漏りを再現してくれる散水調査など、調査をしっかりしてくれる業者は安心できます。

また、アフターケアや保証を付けているところも、誠実な業者だと考えられます。

火災保険の申請方法や必要な書類は?

書類に記入する様子

火災保険の申請は、自分でもできます。
必要な書類をそろえて、屋根の写真を撮影し、保険会社に連絡したり交渉します。

ただし、すべて自分一人で完了できるわけではありません。

「損害見積書」や「損害状況写真」などを、修理業者に作ってもらう必要があります。

また、火災保険が適用されて修理することになった場合、修理業者に依頼することになります。

自分で申請する場合の流れ

自分で保険の手続きをする順序の図解
1 保険会社、保険代理店に連絡する。

電話番号は、保険証書又は、加入している保険会社のホームページから確認できます。
まずはじめに、保険会社または保険代理店に、詳しい被害の内容(台風で屋根が壊れて雨漏りが発生した等)を説明します。
この時に、詳しい状況を把握していたほうがスムーズに進むので、先に修理業者に相談してみることをオススメします。

修理業者連絡に相談する時は、「雨漏り修理を火災保険で修理できないか検討している事、その為の写真と見積もり書が必要である」という旨を業者に最初に伝えておくのがいいでしょう。

2 保険会社から案内・書類が届く

保険会社から書類が届きます。

3 損害状況の確認・書類に記入する

保険会社に提出する書類の中に、損害見積書と損害状況写真があります。
雨漏りの原因となっている箇所の写真を撮り、必要になる工事を記入します。
しかし、中には写真を撮るどころか、しっかりと調査を行わない業者もいるので注意が必要です。

4 保険会社からの調査を受ける

保険会社が被害状況を調べます。
実際には、公平に審査するため、第三者機関のプロの鑑定人があなたのお宅に訪問して、調査を行います。
もちろん、調査を行う前に、連絡が行くので、都合のいい日程を調整してください。

5 保険会社から連絡が来る

鑑定人による調査が終わってから、約1週間で、保険会社から、保険金支払いについての連絡がきます。

6 保険金支払い

約1か月で保険会社から振り込みがあります。

保険会社に提出する5つの書類

  1. 保険証券(皆さんのお手元にあります)
  2. 損害見積書(修理業者に頼みます)
  3. 損害状況写真(修理業者に頼みます)
  4. 保険金請求書(保険会社から郵送されます)
  5. 事故状況説明書(保険会社から郵送されます)

まとめ

火災保険には、慎重に取り組むべきです。
自分では確認しにくいですし、はっきりとは分からない場合がありますよね。

自分でわからないときは、1度業者に見てもらったり、保険会社に申請して、鑑定してもらうのもよいでしょう。

繰り返しになりますが、火災保険の申請には、屋根に対する専門的な知識があったほうがスムーズです。

自分で申請する自信のない方は、お気軽にみんなの雨漏り修理屋さんにご相談ください。
しっかりした知識と経験のあるスタッフが、丁寧に対応いたします。

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。