雨漏り修理専門家が語る スレート屋根のヒミツ:プロが教える良い点・悪い点と注意ポイント

黒いスレート屋根

「スレート屋根って、何でできているの?」
「他の屋根とくらべて、何が良いの?」
「デメリットとか注意点はあるの?」

この記事では、これからスレート屋根にしようと思っている方、すでにスレート屋根にしてメンテナンス方法などを知りたい方、壊れた時の対処法などを知りたい方などに向けて、スレート屋根をわかりやすく紹介しています。

スレート屋根と瓦屋根・ガルバリウム鋼板では、何が違うのか?

スレート屋根にして、後悔しない快適な生活を送るには?

そんなスレート屋根に関するいろんなギモンに答えていきます。
スレート屋根について知りたい方、悩みを持ってる方は、ぜひ読んでみてください。

スレート屋根とは?何でできているの?

スレート屋根は、「カラーベスト」「コロニアル」「ストレート屋根」とも呼ばれます。

カラーベストとコロニアルは、クボタ松下電工外装(現ケイミュー)の商品名でした。
シェアが高い商品だったので、スレート屋根を指す言葉として使われるようになりました。

大きく分けると、「天然スレート」と「化粧スレート」の2種類があります。
ただし一般的に使われるのは、ほぼ化粧スレート。

化粧スレートの素材は、粘度と岩とセメントです。
スマートフォンくらいの厚さ(約5ミリ)で、薄い板状。

昔は天然繊維の石綿=アスベストが使われていましたが、今はまったく使われていません。平成18年以前に作られた化粧スレートには、石綿が使われている可能性があります。

雨漏りや劣化で昔のスレート屋根の葺き替え工事をする時は、工事中にアスベストが飛び散らないように注意が必要です。

※現在は、パルプ繊維・シリコン・セメントなどを組み合わせた、強度の強いスレート屋根が主流です。

化粧スレート/セメント系スレート セメントが多く使われ、表面が着色されている。
天然スレート 天然石が使われ、値段も高い。
石綿スレート(現在は製造/販売中止) 石綿(アスベスト)とセメントを混ぜて作られる。軽くて値段も安いが、健康に害があるので現在は使われていない。
無石綿スレート パルプやビニロンを混ぜて作られ、耐久性があり軽い。

スレート屋根の特徴:薄くて軽い、色もたくさん

緑色のスレート屋根

スレート屋根の構造は、じつは瓦と似ているんです。
屋根の野地板(コンパネ)の上に防水シート、その上にスレート屋根材を敷きます。
スレート屋根材は、ステンレスの釘・板金で固定します。

薄い板なので、スッキリした見た目になります。
色も20色以上、形や模様にもバリエーションがあります。

スレート屋根の良いところ/メリット

  • 耐久性が高く、長持ちする(30年)
  • 耐火性、耐熱性が高く、燃えにくい
  • 湿気や水に強く、腐りにくい
  • 和風にも、洋風にも合わせやすい
  • 見た目がシンプルだがデザイン性が豊富
  • 瓦屋根の半分ほどの重さ
  • 施工や加工もカンタン
  • 瓦よりも安い(半額近いものも)
  • 太陽光パネルが設置できる

施工しやすいので、スレート屋根に対応してくれる業者は多いですよ。

スレート屋根の寿命は25年

スレート屋根の寿命は25年、長ければ30年持つこともあります。
スレート屋根の大手メーカー、ケイミューの資料からも30年持つと判断できます。

もちろん、古さや品質、種類によって商品ごとに異なります。

ただし、やはり10年ごとに、ヒビ割れやズレ、破損がないかの点検は必要です。

スレート屋根の修理・交換 5パターンを紹介

スレート屋根と足場・鉄骨

スレート屋根が壊れたり、雨漏りしたらどうすればいいのでしょうか?

よくある5つのパターンについて、お話していきます。

割れた時の補修

  • 屋根修理や太陽光パネルの設置などで業者などの人がのっかる
  • 石などの飛来物
  • 落雪

などの理由で、スレート屋根は割れます。

築10年以内の家であれば、スレート屋根材が割れても、雨漏りしない場合は多いです。

とはいえ、放っておくと被害は広がります。

下地が傷んで、家が劣化して、大掛かりな修理が必要になってしまいます。

たとえ割れているのが1枚でも、早めに修理しましょう。

板金の交換

屋根の面と面の境目の、山の部分です。

その境目の部分に、金属の板(板金)を被せてあります。

その板金は釘で屋根に留めてありますが、雨風などで、釘が浮いたり、下地の木材が劣化しまったり…。また、台風や暴風雨で板が飛んでしまうことがあります。

板金は10〜15年が交換の目安です。

カバー工法

傷んでいるスレート屋根の上に、新しい屋根材を施工します。
見た目は、葺き替え工事同様に新しくなります。

今の屋根材はそのまま残るので、廃材やゴミが出ません。なので、撤去や廃材の処理費用がかかりません。
そのため葺き替え工事よりも安く、工事の期間も短いです。
また、屋根が二重になると、遮音性や断熱性も高くなり、光熱費の節約にもつながります。

ただし、凸凹のある波形スレートだったり、野地板の劣化が激しい場合は、できません。
また、今の屋根に新しい屋根がプラスされるので、その分屋根が重くなります。

それぞれの家で、耐えられる重量は決まっています。
自分の家の重量を把握して、カバー工法で重量が加わっても大丈夫なのか、しっかりと確認しましょう。

屋根の塗装

スレート屋根には、塗料が塗ってあります。
この塗装が、気候や経年劣化によって、だんだんと剥げてきます。

見た目が汚くなりますよね。 塗り直せば、とてもイメージが良くなります。

高圧洗浄機などで古い塗装を取り除いて、傷んだところを補修します。

再塗装は長持ちさせる効果はあります。しかし、すでに劣化がはげしいスレート屋根に塗装をしても、すぐに剥がれてしまうのです。

葺き替え

スレート屋根の工事中の様子

いまのスレート屋根を、すべて新しいものに交換します。

スレート屋根材、棟板金、防水シートを取り替えるのが基本的なやり方です。
ただし、痛みや被害が大きい場合は、野地板も交換することもあります。

スレート屋根以外の、ガルバリウム鋼板などに変えることもできます。

見逃すとキケン!スレート屋根の注意ポイント

換気棟は必ず置きましょう

瓦の下には木がありますが、スレート屋根の下には防水シートがあります。

瓦のように気があると、通気性がよく、結露も起こりにくいです。
しかしスレートは、防水シートの上に直に貼ってあるので蒸れやすく、結露も起こりやすいのがデメリットです。

なので、屋根の棟の部分にスキマ=空間を開けて、「雨は通さないけど空気は通す」という「換気棟」を設置することが大切になります。

手抜き工事に注意

スレート屋根は、瓦やガルバリウムに比べても施工がしやすいメリットがあります。
だからこそ、「パパっと早く済ませよう」と、雑な施工をしてしまう業者さんも、残念ながらいるのです…。

とくに多いのが、板金や釘の施工ミス。

踏み割れに注意

どんどん丈夫になっているスレート屋根ですが、「踏み割れ」は起こります。

乱暴で雑な業者さん、歩き方を知らない業者さんが屋根の上を歩くと、割れてしまうことがよくあります。

塗装の効果はギモン

スレートのようにセメントが使われている屋根材は、酸に弱いです。
酸性雨という言葉がありますが、雨には酸が含まれています。

時間が経つほど、15年を過ぎたあたりから、酸の影響で塗膜が劣化して剥げてきます。

剥げたところから雨水や胞子が侵入し、苔やカビが生えることもあります。

ちなみに、「塗装の効果は、見た目をキレイにすること」というメーカの正式見解も出ている

スレート屋根のメリット・デメリット

住宅街のスレート屋根

日本瓦屋根とスレート屋根の比較

スレート屋根が優れているポイント

・安さ
瓦の約半分の値段

・デザイン性
色が豊富で、大きさも調整しやすい。さまざまな屋根の形に合わせられる
スレートは塗装できるが、瓦は塗装できない

・軽さ
瓦の半分以下の軽さ。

スレート屋根が劣っているポイント

・メンテナンス性
表面の塗装が劣化して剥げるので、定期的に再塗装する必要がある
瓦はほとんど色あせしない。

・耐久性
スレートは厚さ5ミリほどで、寿命は25年。
瓦屋根は10~20ミリで、寿命は50年〜100年。

・耐火性
瓦はすでに焼いてあるので、燃えにくい

・耐水性
スレート屋根よりも防水性が高い

ガルバリウム鋼板屋根とスレート屋根の比較

スレート屋根が優れているポイント

・色
ガルバリウム鋼板も塗装しますが、まだスレートに比べると色は少ないです。

・耐熱性
スレート屋根の方が熱伝導が低い

・遮音性
ガルバリウム鋼板は遮音性が低い

・錆にくい
ガルバリウム鋼板は、金属なので錆びやすい

・強度
ガルバリウム鋼板は、薄い金属なので、衝撃や重さに弱く凹みやすい。

スレート屋根が劣っているポイント

・メンテナンス性
ガルバリウム鋼板は30~50年メンテナンスが必要ない

・安さ
ガルバリウム鋼板の方が安い

・防水性
ガルバリウム鋼板の方が高い

それぞれの屋根材にメリット、デメリットはあります。

スレート屋根は、価格や性能などの面で、とてもバランスが良いといえます。

スレート屋根とアスベストについて

アスベスト(石綿)は健康に被害を及ぼします。

平成18年以降は、スレートにはアスベストは含まれていません。
しかし、それ以前のスレートには石綿が含まれている可能性が高いです。

飛散したアスベストを口や鼻から吸い込み、肺まで達しないかぎり、危険性はありません。屋根材の中に、セメントと一緒に固められているので、普通は飛散しません。

なので普通の生活では、たとえアスベスト入りのスレート屋根でも、すぐに被害が起こるわけではないので大丈夫です。

注意すべきなのは、葺き替え工事のときです。
葺き替え工事では屋根材を剥がすので、その時にアスベストが飛散します。

しかも、アスベストに関する作業には「石綿作業主任者技能講習」を修了している業者でないと、作業できません。

じつはアスベスト入りのスレートの方が、アスベストなしのスレートよりも強度が高いのです。そのため30年以上たっても長持ちすることが多いです。

火災保険で修理できる場合
台風、暴風雨、大雪、強風など、自然災害でスレート屋根が壊れた場合、火災保険が適用できる場合があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
▶雨漏り修理に火災保険が適応される条件と申請のコツ

スレート屋根に雪止め金具や太陽光は設置して問題ない?

雪止めは設置しても問題ありません。

太陽光パネルは、雨漏りする可能性が高くなります。

スレート屋根材の上から直接ビスでとめます。 防水加工もします。

それでもやはり、雨漏りするケースが多いのが実情です。

また、太陽光パネルを設置すると、塗装ができなくなります。
ちなみに太陽光パネルは、1枚15~20kg。大きさは畳1枚ほどです。

まとめ

スレート屋根について、ご説明してきました。

瓦屋根やガルバリウムに比べて、バランスの良さが特徴のスレート屋根。

これから屋根のリフォームや葺き替え、壊れて修理したい人などのお役に立てれば幸いです。

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。