雨漏り修理専門家が語る 放っておくと怖い!ベランダの雨漏り:原因や修理のポイントを徹底解説

戸建ての二階のベランダ

こんにちは!
みんなの雨漏り修理屋さんの、松坂です。

「1階の窓枠が濡れている。原因は、窓の上にある2階のベランダの雨漏りだった! どうしたらいいだろう?」

「ベランダの雨漏りの修理って、業者に頼んだらいくらかかるんだろう?」

あなたはいま、こんな風にお悩みではありませんか?

ベランダの雨漏りなんて初めてのトラブルで、どうしていいかわからない。
業者に修理を依頼したいけど、費用の相場がわからないので不安…。

そんな「ベランダの雨漏り」に関する悩みを解決したい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

ベランダの雨漏りには、いくつか原因があります。
それぞれの原因ごとに、解決方法や費用も変わってくるんです。

じつはベランダって、雨風、紫外線、温度差などによって、毎日傷んでいると言っても過言ではないんです…。

そして、ベランダの雨漏りは、建物の内部(とくに木材)が腐ったり、シロアリが発生したり…という被害につながる可能性もあります。
(けっして不安をあおりたいわけではないのですが、実際に起こることです)

そんなことにならないように…

このページでは、ベランダの雨漏り修理をたくさん経験してきたプロが、ひとつずつ解説していきます。

ベランダの雨漏りの原因、修理費用の目安、応急処置の方法などを、できるだけわかりやすくお伝えしますね。

この記事で、あなたのベランダの雨漏りが解決できれば、とても嬉しいです!

ベランダの雨漏りの原因別・場所別の解決方法

ベランダの排水口

① 排水口の詰まり・経年劣化

ベランダの雨漏りの原因として、いちばん多いトコロは排水溝です。
※専門用語では「ドレン」とも呼ばれます。

大雨が降ると、水溜まりができる。
こんな場合は、排水口が詰まっている可能性大です。

放っておくと悪化して、下の階の雨漏りの原因となってしまいます。

排水口が原因の雨漏りは、なぜ起こる?
  • ゴミ、枯れ葉、木の枝などが詰まる
  • 鳥が巣を作る
  • 排水口自体や、排水口の周囲の素材が劣化する

1つ目の原因は「モノが詰まる」です。
枯れ葉など、何かモノがたまって排水口がふさがれると、水が流れなくなります。
すると、溜まった水が、「防水層」を超えてしまい、雨漏りしてしまうのです。

2つ目の原因は、経年劣化です。
ベランダの排水口は、水がたくさん集まる、水の通り道。
常に雨風にさらされているので、傷みますし、腐ったりします。
当然、年月が経つほど、排水口自体も、排水口の周りの素材も劣化していきます。
排水口周りの「防水層」も、剥がれてきたり…。
そのようなスキマから雨水がしみこんで、下の階まで雨漏りしてしまう…というわけです。

3つ目の原因は、施工不良。
残念ながら、あるんです。
防水の工事をした時に、モルタルやウレタンの施工が悪いと、排水口の流れが悪くなってしまいます。
この場合はもう、自分ではどうすることもできません。

【こんなベランダの人は注意!】
例えば、ベランダをウッドデッキにしている。
植物や鉢などをたくさん置いている。
普通に考えると素敵なベランダなのですが、排水口が見えなくなってしまうデメリットがあります。
モノとかパネルとかをはがして、排水口の掃除をするのは面倒くさいですよね。
わかります!でも!
雨漏りがしない、健康なベランダでいるためには、最低でも1年に1度は排水口が詰まってないか確認しましょう。

ベランダの排水口の雨漏りを防ぐ!解決方法は?

キホンの「キ」ですが、排水溝の掃除をしましょう!
できるだけ排水口を傷つけないように、ゴミを取り除くのがポイントです。
詳しい掃除方法はこちらをご覧ください。

排水口を掃除しても雨漏りが止まらない場合は、他に原因があります。

とくに多いのが、やはり防水層の劣化や破損。「排水溝との境目」が劣化していることも多いです。
この場合、自分で修理するのは、ほぼ無理です。
施工不良の場合と同様、早めに専門業者に相談してみてくださいね。

② ベランダの床面の劣化

ベランダの床面が劣化する原因は?

ベランダの床に張られている防水シートや防水塗装(FRP防水・ウレタン防水)が劣化している場合があります。
雨風にさらされ、歩いたり、モノを置いたりしているだけでも、経年劣化していきます。
そして、ひび割れしたり、破れたり、剥がれたりします。
植木鉢やモノを多く置いていると、床面にかかる負担が大きくなるので、劣化も早くなります。
その結果、ヒビ割れ、破れ、壊れている場所から雨水が侵入し、雨漏りが発生します。
ちなみに、ウレタン防水やFRP防水の寿命は、約10年です。

ベランダの床面の劣化の修理・解決方法

破損個所がはっきり分かっている場合は、防水テープなどで応急処置をしておきましょう。
防水シートや塗装の破損が激しい場合は、張替えや塗り替えが必要です。
とくに防水シートは劣化が激しいと、傷んだシートをすべて張り替える必要があると考えて下さい。

③ 笠木の破損

笠木による雨漏りの原因は?

笠木とは、壁を雨水から守るカバーとお考え下さい。
下の部分(壁=躯体)を雨水から守るカバーとお考え下さい。
笠木って、あまり意識されない部分なので、なかなかその重要性に気づきません。

でも、笠木が壊れると大変です。

笠木の内部は木材でできている場合もあるんですよ。
破損部分から雨水が内部に侵入すると、腐食が進み、雨漏りが発生します。
そうならないためにも、笠木の不具合を発見したら、なるべく早く修理してくださいね。

笠木による雨漏りの解決方法

コーキング剤などを使って修理できる場合もあります。
ただ、下の階まで雨漏りしている場合は、大規模な修理が必要な可能性が高いです。
具体的には、腐食している木材を新しくし、防水紙を貼ってから外壁を貼りつける。というような工事が必要になってきます。

④ 勾配異常:床の傾きがおかしい

ベランダの床の勾配異常による雨漏り:原因は?

お風呂の洗い場の水は、排水口に向かって流れていきますよね。
それと同じで、ベランダの床面も、排水口に向かって水が流れるように、わざと傾けてあります。
この傾斜が悪いと、水溜まりができたり、防水層が劣化したり、雨漏りの原因となってしまいます。

勾配異常による雨漏りの解決方法

ベランダの勾配異常は、設計上のミスや、建築上のミスであることが多いです。
これは自分ではどうすることもできません。
工務店や、雨漏り修理の専門業者に相談してみることをオススメします。

⑤ ベランダの壁の劣化、ヒビ割れ

ベランダの壁の割れ・劣化による雨漏り:原因は?

台風、日々の雨風、地震などの自然災害が原因で、外壁にヒビが入ったり、シーリングがはがれたりします。経年劣化といえますね。
そこから雨水が侵入して、雨漏りが起こるのです。
窓枠と外壁の隙間のコーキング剤がはがれて雨漏りする、というケースもよく見られます。
雨漏りが発生してしまってからの修理は、大がかりなものになってしまいます。(当然、費用も大きくなります)
壁のヒビ割れやコーキングのはがれを見つたら、1日も早く修理することをおすすめします。

雨や台風などで雨漏りが発生する前に、直しましょう!そのほうが費用も少なくてすみますよ。

さらに詳しく、ご説明しますね。
「ヘアークラック」と呼ばれる1ミリ以下のヒビ割れの場合、雨漏りする可能性はほとんどありません。
しかし、幅が3ミリ以上のヒビ割れは、今すぐにでも修理が必要です。

ベランダの壁のヒビ割れの解決方法

表面だけのヒビ割れの場合は、ひび割れた所を整えて、コーキング剤で補修することもできます。
しかし、雨漏りの状況によっては、かなり大がかりな補修をする必要が出てきます。
例えば、外壁をめくって、中の下地を補修する場合もあります。

その他、

  • 現在のサイディングボード(外壁素材)を撤去して、新しいものに張り替える。
  • 現在の外壁の上から、新しく金属サイディングを張る(カバー工法)。

このように、建物や雨漏り被害の状況によって、さまざまな修理で対応していきます。

火災保険で、ベランダの雨漏り修理ができる?

「火災保険で雨漏りを修理? どういうこと?」

こう驚かれる方もいらっしゃいますよね。

実は、ベランダからの雨漏りは、台風や雨風、大雪などの影響を受けた場合、火災保険が適用されることがあります。

ベランダの雨漏りの原因は、経年劣化によるものとは限りません。

特に「台風の後から雨漏りが始まった」という方は、火災保険の適応になる可能性が高いですよ。

「火災保険が適用になるかわからない…」

そんな時は、ご自分で「家は築年数も経っているし…経年劣化だろう…」と判断せずに、1度プロに見てもらうことをオススメします。

実際に火災保険が適用になる場合とは?申請方法は?
気になるかたは、こちらのページに詳しく書いてありますよ。

▶︎雨漏り修理に火災保険が適応される条件と申請のコツ

雨漏り修理の優良業者はこうやって見分ける!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

「原因はわかった。やっぱり自分で修理するのは無理だよね。専門のプロ業者に頼もうと思うんだけど、どこに頼むのがいいんだろう?」

こんなお悩みを解決するために、最後に、「優良業者の見分け方」をご紹介します!

まず、以下の3つのポイントをおさえましょう。

  • 実績や経験が多く、高い専門技術を持っている
  • しっかりと調査を行ってから、見積りを出す
  • アフターフォローや補償がしっかりしている

反対に、注意が必要な業者は…

  • 「あなたの屋根は修理が必要です」と飛び込みで訪問してくる
  • 大幅な値引きをしてくる
  • 見積り書にきちんと明細を書かない
  • 過剰に不安をあおり、契約を急がせる

ベランダの雨漏りは、放っておくと、建物の内部が腐ったり、シロアリの発生つながることだってあります。

直すには、しっかりとした技術を持ち、経験や実績の多いプロにお願いして、再発しないように修理してもらいましょう!

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。